本文へスキップ

山歩きが大好きな皆さんの山の会です GAKUJIN-ABIKO

岳人あびこ 活動報告report

2019年~2020年の活動報告はこちらから

2021年活動報告

平標山(1983m) ~ 仙の倉山(2026m)

 

月 日 令和3年6月22日(火)  日帰り  
目 的 高山植物の宝庫の山で初夏の花を楽しむ
行 程 我孫子・柏5:31または5:42→上野6:42→越後湯沢8:05/8:20(バス)→平標登山口8:57
① 仙の倉コース 登山口9:21⇒大鉄塔10:13/18⇒松手山10:47/52⇒平標山12:00/05⇒仙の倉山⇒12:48/13:14⇒平標山13:59/14:06⇒松手山15:10/18⇒ 登山口16:16
② 平標山コース 登山口9:24⇒大鉄塔11:15⇒松手山11:40⇒平標山13:40/14:05⇒松手山15:05/18⇒ 大鉄塔15:45⇒登山口16:34 (往路は植物観察でゆっくり登山)登山口バス停16:40/17:05→越後湯沢(入浴)19:02(新幹線)上野20:17→柏・我孫子20:52
登り標高差 1002m 下り1002m(平標山)       歩行時間  7時間
参加者 男5名、女11名、計16名
ルート状況 山頂まで急登が続くが登山道は整備されている。8合目付近の階段は歩きにくい

戦場ヶ原(1500m〜1300m)

 

月 日 令和3年6月2日(水)  日帰り  
目 的 ズミの花を楽しむ
行 程 我孫子駅前郵便局前5:40→湖畔前駐車場9:30/9:40⇒湯滝10:45/10:55⇒泉門池11:35/12:05(昼食)⇒青木橋12:35⇒赤沼茶屋前13:30(運転手2人は路線バスにて湖畔前まで戻る)14/25→我孫子駅18:10(解散18:15)
参加者 男1名、女6名、計7名
ルート状況 高低差はあまりなく、木道も整備されている。熊よけの鐘が設置されている。

地蔵岳(1538.9m)〜切合小屋(1740m)

 

月 日 2021年5月7日(金)~5月9日(日) 
目 的 残雪の飯豊連峰を楽しむ
行 程 5/7 我孫子(8:00)→白川湖畔のコテージ泊(16:00)泊

5/8 コテージ(5:30)→大日杉小屋(6:30/6:50)⇒地蔵岳(11:30/11:45)⇒御坪(14:00/14:20)⇒切合小屋(15:30)

5/9 切合小屋(8:35)⇒地蔵岳(11:40)⇒大日杉小屋(14:35)→我孫子(21:35)
参加者 男2名、女1名、計3名
ルート状況 ◎標高700m程度から谷筋に雪が現れ始める。

◎大日杉コースの唯一の鎖場である「ザンゲ坂」は、沢筋から尾根へと上がる岩混じりの急登であるが、手前に倒木が折り重なっていてルートが不明瞭。坂の下部の鎖は雪の下に埋まっていた。

◎標高1000m辺りから尾根も雪に覆われ始め、アイゼンを装着した。

◎気温が高い日が続いたためか、雪は腐ってきていて、蹴り込まないとアイゼンの効きが弱かった(初日)。強烈な風雨にさらされた翌日は、さらにアイゼンの効きが悪化したため、滑落のリスクがある斜面をトラバースするようなルートを避けた。

◎地蔵岳までは、時折雪割れが現れる程度あったが、地蔵岳から切合小屋にかけての尾根は、尾根の東側に発達した雪庇の崩壊がかなり進行していた。幾重にも割れ目ができている箇所があり、その深さは3〜4メートルほど。とはいえ、同時期の朝日連峰よりも雪の量は少ない印象であった。

◎地蔵岳〜切合小屋までのルートファインディングには慎重を期したが、我々と同じルートをたどる先行者がいたため、先行者の踏み跡を参考にさせていただいた(先行者は新潟在住の30代男性・大学では山岳部に所属・厳冬期の飯豊山も経験あり)。

◎御坪〜切合小屋間は、直登ルートを辿った。雪の付きは比較的安定していて、随所で雪割れが始まっていたものの、落ちたりすぐに動き始めたりするようなリスクは感じられなかった。

宝篋山(461m)~小町山(361m)~千代田アルプス

 

月 日 2021年4月11日(日)日帰り
目 的 身近な低山縦走
行 程 我孫子6:26→土浦駅6:59/7:10(下妻駅行バス)→宝篋山入口バス停7:40⇒小田休憩所8:00⇒宝篋山山頂9:40/9:50⇒鬼越山頂10:30⇒小町山10:50⇒ハート石11:15⇒朝日峠展望公園11:50/12:25(昼)⇒剣が峰13:05/13:15⇒雪入山13:25⇒浅間山14:00⇒権現山三角点15:00⇒上志筑北バス停15:23/15:35→土浦16:15/16:30→我孫子17:02
(歩行時間:6時間30分)
参加者 男10名、女18名、計28名
ルート状況 *宝篋山山頂からハート石まで道標はない。まず山頂から東に向かって急坂を下って林道に出る。筑波スカイライン方面に15分位歩き、出会ったらスカイラインに沿った登山道(地元のボランティアが整備)を南に約25分位で小町山に到着。
*小町山からハート石への下りは山頂を背にして女坂展望台の左手登山道を下る。
*このコース危険個所は無いが朝日峠展望公園から剣が峰への取りつきにスカイラインを横断する。サーキット並みに飛ばしてくる車に注意を要する。

筑 波 山(877m)

 

月 日 2021年4月4日(日)日帰り
目 的 新人リーダー研修
行 程 我孫子駅公園前6:10→筑波高原キャンプ場7:40/8:00⇒女体山本殿9:05/10⇒御幸ヶ原9:30/35⇒自然観察路東屋9:45/55⇒男ノ川登山口10:40/50⇒ユースホステル跡地⇒11:05(通過)⇒御幸ヶ原12:05/10⇒自然観察路東屋12:15/35(昼食)⇒男体山本殿13:00/03⇒御幸ヶ原(通過)13:17⇒分岐(通過)13:37⇒筑波高原キャンプ場14:18/40⇒我孫子駅16:50(解散17:00)
(歩行時間:6時間
参加者 男5名、女9名、計14名
ルート状況 ・筑波高原キャンプ場のトイレは閉鎖されている所有り。使用可能なトイレも掃除がされていない
・一部ヴァリエイションルートを歩いたが危険な箇所はない
・男体山から自然研究路が一部崩落していて、迂回路を利用した。

神峰山(598m)~羽黒山(490m)~鞍掛山(247m)

 

月 日 2021年4月4日(日)日帰り
目 的 新緑&サクラを楽しむ
行 程 我孫子駅(始発)6:26→日立駅8:31/日立駅中央口8:40(バス)→日鉱記念館9:05/15⇒神峰山登山口9:30⇒神峰山10:10/20⇒羽黒山11:10/20⇒蛇塚、煙突展望台(昼食)11:50/12:15⇒鞍掛山13:10/25⇒かみね公園⇒かみね公園バス停14:10/24(バス)→ 日立駅14:35/47→勝田駅15:10/24→我孫子17:02
(歩行時間:4時間、行動時間:約5時間)
参加者 男4名、女6名、計10名
ルート状況 ・道標は整備されており、分岐も道迷いはない。
・高鈴県立自然公園ハイキングMAPに対応した道標(ファイルダウンロード可)

棚横手山(1306m)~甲州高尾山(1006m)

 

月 日 2021年3月27日(土)日帰り
目 的 ①桃源郷・桜を愛でる②尾根道からの景観③地図読み研修
行 程 我孫子駅5:42(千代田線)→(集合)勝沼ぶどう郷駅(0855/0905)(タクシー)→大滝不動尊(0918/1006)⇒展望台(1018/26)⇒尾根分岐(1038/44)⇒棚横手山(1130/1210)⇒富士見台(1237)⇒甲州高尾山(1326/32)⇒尾根分岐(1353/54)⇒展望台分岐(1414/23)⇒大滝不動尊(1440/53)(タクシー)→勝沼ぶどう郷駅(1515)(解散)一部希望者入浴(天空の湯)後帰宅
(歩行時間:3時間45分、休憩時間:60分)
参加者 男7名、女7名、計14名
ルート状況 よく整備されたハイキングコース。下山路一部倒木箇所あり、急登箇所は少ない。尾根道は快適な景観。

contents