本文へスキップ

山歩きが大好きな皆さんの山の会です GAKUJIN-ABIKO

岳人あびこ 活動報告report

和賀岳(1,440m )・女神山(956m)


・薬師寺平のお花畑を行く                ・薬師寺平付近より和賀岳を望む


 ・女神山白糸の滝 

月 日  2019年4日~6日(木~土) 避難小屋1泊、テント1泊
目 的  ・東北の山を楽しむ。(ブナとお花畑)
行 程 ・7月4日(木)
 我孫子発6:28→上野7:01/7:22(はやぶさ101)→北上9:38/10:00(レンタカー)→北上江釣子IC→横手IC→和賀岳甘露水登山口避難小屋12:45 (避難小屋泊)     <歩行時間 なし> 
           

・7月5日(金)
 避難小屋3:15⇒和賀岳甘露水登山口3:30⇒ブナ台4:05/4:10⇒滝倉避難小屋跡4:45/5:10(朝食)⇒倉方5:50⇒薬師岳6:45/7:05⇒薬師平7:20⇒小杉山7:50/8:00⇒小鷲8:30/8:35⇒和賀岳9:25/9:45⇒小鷲倉10:20/10:35⇒小杉山10:55/11:00⇒薬師平11:30⇒薬師岳11:50/12:00⇒倉方12:35⇒滝倉13:20⇒ブナ台13:50⇒和賀岳登山口14:15⇒避難小屋・駐車場14:30/14:45(レンタカー)→志賀来キャンプ場17:00(テント泊)  <行動時間:11時間><歩行時間:9時間>

・7月6日(土)
キャンプ場5:30(レンタカー)→白糸の滝駐車場6:05/6:15⇒女神山登山口6:30⇒県境コース分岐7:40/7:50⇒女神山8:05/8:15⇒県境コース分岐8:25⇒ブナ見平9:20/9:25⇒滝分岐9:35女神霊泉9:50⇒女神山登山口10:00⇒白糸の滝⇒駐車場10:40/11:00(レンタカー)→ほっと湯田温泉11:30(入浴・食事)/13:00(レンタカー)→北上駅14:15(レンタカー返却)/15:29(やまびこ52)→上野駅18:18/18:29→我孫子駅7:05
<行動時間:4時間25分><歩行時間:3時間10分>
参加者 4名、女6名、合計10
 ルート状況 ・和賀岳甘露水登山口の避難小屋は小振りながらきれいに使われている。2階と合わせ、10名程度は宿泊可能。
・登山口から薬師岳まで、高低差760mのほぼ一辺倒の登りが続く。途中、滝倉避難小屋跡地に3張程度テントが可能な平地がある。(水場まで10分程度下る
・薬師岳~小杉山~和賀岳間は展望の開けた稜線の道。薬師岳から薬師平に下る道はお花畑。日光キスゲや伊吹トラノオが咲き乱れていた。

・女神山は深いブナの森林の山。白糸の滝分岐を過ぎて程なく登山口がある。いきなり高低差約200mの急登が始まるが、登りきるとあとは緩やかな登り道となる。県境コース分岐より約15分の登りで女神山山頂に着く。
県境コース分岐~ブナ見平はブナ林の中の緩やかな道

白糸の滝に下る道は、一般観光客を拒む急な難路。滝底から見上げる白糸の滝は真に美しい。

岩手山(2,038m )

 

月 日  2019年20~21日(木~金) 
目 的  ・日本百名山である東北の秀峰に登る。
・コマクサを見る。
行 程 ・6月20日(木)
 常磐線柏駅発645→上野駅発742(はやぶさ3号)→952盛岡駅1005(タクシー)→1045馬返し登山口11001145 2合目手前(昼食)120526合目は新道経由⇒1545 8合目避難小屋               <歩行時間425、行動時間445>            

・6月21日(金)
小屋550610不動平(頂上まで空身往復)⇒700岩手山頂上(薬師岳)725745不動平800⇒お花畑920⇒御釜湖・御苗代湖往復⇒1040大地獄分岐1100⇒姥倉山分岐⇒大倉山分岐13001450網張温泉1600(タクシー)→1740盛岡駅(やまびこ56号)18402154上野駅2203→柏駅到着2231                       <歩行時間800、行動時間900>
参加者 2名、女5名、合計7
 ルート状況 この時期は、残雪はわずかに残っているだけでアイゼンは必要なし。
・柳沢コースから入山した。2~6合目は新道を利用したが登山道は整備されていて歩きやすかった。
・8合目避難小屋は、翌日から管理人が常駐するとのことだが、きわめて清潔に保たれていて、とても無人小屋とは思えないほどだった。特に、トイレの状態は感激するほどきれいだった。また、水場も近くて豊富、1組500円で毛布の貸し出しがあるなど、小屋は快適な環境にあった。協力金として一人1700円支払った。
・岩手山頂上の火口巡りは、展望に恵まれて最高に気分が良かった。中央火口丘の妙高岳南西斜面で見られる「笑う岩手山」は面白かった。

・全行程で見られたシラネアオイをはじめとする可憐な高山植物が素晴らしく、岩手山が花の山でもあることにも気づかされた。

庚申山(1892m )

     

月 日  2019年16日17(日・月) 12
目 的  コウシンソウ咲く庚申山に登り庚申山荘に泊まる
行 程 6月16日(日) 雨時々曇り
我孫子駅5:31→柏駅5:35/53(東武)春日部駅6:34/44→日光駅8:16(レンタカー借用・買物)9:15→銀山平(850m10:00/20一ノ鳥居11:45(昼食・庚申七滝見学)12:20鏡岩13:10庚申山荘(1490m14:20/40お山巡り分岐15:40庚申山(1892m16:35/40お山巡り分岐17:20庚申山荘18:10(食担の矢野朝水さん中心に夕食準備し宿泊)

6月17日(月) 晴れ
庚申山荘(4時起床、朝食)6:05コウシンソウ自生地7:05/25庚申山荘8:10/40鏡岩9:25/30一ノ鳥居10:05銀山平11:25/40→日光駅12:30(レンタカー返却・昼食)13:30(東武)柏駅16:30→我孫子駅16:40

参加者 男性3、女性5 計8名
 ルート状況

・銀山平から一ノ鳥居まで林道、小雨降る中、新緑と渓谷を見下ろしての歩行。
・一ノ鳥居で庚申七滝を見学できる。以降庚申山荘までは沢沿いの山道。奇岩が多いが歩きやすい。
・庚申山荘は日光市の施設。40名収容で寝具や炊事場あり。1人1泊2,050円。
・庚申山への道は岩場の急登。梯子や鎖もあり慎重に登らねばならない。
・この時期、庚申山の数ケ所に特別天然記念物で撲滅危惧種のコウシンソウが咲いています。背丈が5cm位の先に1cm位の淡紫色の花が咲きます。可憐ですが食虫植物です。Lは9年前までに3回出会っていますが今回は以前と異なる箇所でようやく見つけ皆で万歳しました。
・お山巡りのみちは上級コースで急登ですが庚申山より安全でした。

丹沢山(1567m )~蛭ヶ岳(1673m)~檜洞丸(1601m)

     

月 日  2019年51718(金土) 12
目 的  シロヤシオを楽しむ
行 程 1日目 
 
我孫子駅5:34→代々木上原6:44/6:56→本厚木7:46/8:00
タクシー→三叉路8:45/9:00⇒高畑山10:30/34⇒金冷やし先にて昼食11:20/35⇒本間ノ頭12:50⇒無名の頭(1300)13:00円山木ノ頭13:20/26⇒太礼ノ頭13:45/51⇒瀬戸沢ノ頭14:07/13 ⇒丹沢山14:54みやま山荘()    <歩行時間5時間30分>
2日目   
   
丹沢山6:05⇒不動ノ峰6:55⇒蛭が岳7:50/8:15⇒臼ヶ岳9:19
金山谷乗越9:43⇒檜洞丸11:10/50⇒展望園地12:55⇒ゴーラ沢出合13:40⇒西丹沢自然教室14:25/40→バス→新松田16:00/17:05代々木上原18:24/31→我孫子19:42  
                       <歩行時間7時間30分>                  
参加者 男性2名  女性3名  計5名
 ルート状況 ・本厚木から三叉路登山口までのバスは1時間に1本毎時40分発
・宮ケ瀬湖からの登りは長いが広葉樹林帯なので秋の紅葉は期待できる
・蛭が岳から檜洞丸へ向かう下りは急な下りで崩れているので注意が必要
・標識はしっかりしていて迷うことなし

北高尾山稜(堂所山731m)~景信山(727)


  ◆地図読み           ◆つつじ          

月 日  2019年 5月 14日(火)
目 的  ①静かな山歩き ②地形図を読む
行 程 我孫子駅5:34→新松戸西国分寺高尾駅北口7:16/35(西東京バス)→8:05夕焼小焼バス停/地図読み8:35取りつき口8:40/地図読み9:10大嵐山10:00/地図読み10:20三本松山10:4011:40堂所山11:40/5512:50景信山(昼食)13:3014:25景信山登山口→14:35小仏バス停14:40→15:10高尾駅・反省会16:28→西国分寺新松戸→18:11我孫子駅                                        <歩行時間 4時間>
参加者 男性8名  女性11名  計19名
 ルート状況 ・北高尾山稜、奥高尾ルートは道がよく整備されており、標識がしっかりあって迷うことはない
・夕焼小焼バス停から大嵐山までのバリエーションルートは1/25000の地図にないが、道はあり問題はないが、落ち葉が多かった。

沼津アルプス      ①城山~葛城山~発端丈山~三津長浜
 ②沼津アルプス 大平山・鷲頭山・小鷲頭山・志下山・徳倉山・横山


                        ◆城山山頂にて                     
月 日  2019.4.21(日)~22(月)旅館泊
目 的  富士の展望とかけ流しの温泉
行 程 <1日目>
我孫子531・柏535→上野604/17(上野東京ライン)→東京622/33新幹線)→三島724/44→大仁817/30城山登山口855/910⇒城山峠9:35⇒城山10:20⇒城山峠⇒林道峠⇒葛城山分岐⇒葛城山120/43⇒益山寺分岐⇒発端城山1413/45⇒シーパラダイス駐車場15:40/1600→古奈温泉南1620(宿泊組))・伊豆長岡(日帰り組)→三島→東京・我孫子1920(日帰り組)                        <歩行時間6時間 行動時間 7時間>
<2日目>
宿 820出発・総合会館828→多比850多比口峠大平山10:02多比口峠鷲頭山11:21⇒小鷲頭山11:48下山12:40⇒志下坂峠⇒しおみち広場13:18/40⇒徳倉山14:00⇒横山15:03⇒八重坂峠15:331540(タクシー)/16:10→沼津(反省会)1725→熱海・上野・柏・我孫子2035     <歩行時間6時間 行動時間 7時間>
参加者 男性7名  女性11名  計18名
 ルート状況 ・両日ともコース標識はしっかりしており迷うことはないが、葛城山へは麓を外回りで時間を要した。
・発端丈山下のすべりやすい下り道は乾燥のため比較的楽に下った。
・沼津アルプスの大平山~志下山までは岩稜と急傾斜の登山道となる。雨天時要注意

日光高山 (1667m)


       ◆凍った登山道                    ◆あと少しで山頂
月 日  2019.4.19(金)日帰り
目 的   早春の奥日光
行 程 5:47→春日部6:29/6:44→南栗橋7:01/7:02→東武日光8:16JR日光駅バス停8:37→滝上バス停9:37/9:50(登山開始)⇒(2)⇒高山山頂12:06/12:30小田代ヶ原休憩所1345/14/20⇒赤沼バス停15:10バス15:33→東武日光駅(反省会)東武日光駅(特急)18:11→春日部19:27/19:36→柏20:17
      <歩行時間約4時間
参加者 男性3名  女性3名  計6名
 ルート状況 ・4910日の降雪の影響で滝上バス停から少し登った処から登山道が凍っていた。安全のため全員アイゼンを付けた。溶けているところもあったが高山を降りるまでアイゼンはつけたままにした。
・山頂直下の斜面は雪が多く残っていた。2回ほどトラバースした。
・雪は腐っていて中は空洞になっていたので時々太股辺りまで潜った。登りに2時間ほどかかった。

加波山~筑波山


 ◆加波山山頂加波山神社本宮      ◆足尾山山頂で昼食、目の前の筑波山、あの頂へ、まだまだ遠い!
月 日  2019.4.14(日)日帰り
目 的   地元の山を繋ぐ縦走
行 程 我孫子(常磐線下り)5:42→友部駅6:43/6:48→岩瀬駅7:13/7:25(タクシー)→加波山5合目登山口7:50⇒加波山神社里宮8:50⇒加波山神社奥宮9:00/9:10⇒丸山9:35/9:40⇒一本杉峠9:55/10:05⇒足尾山10:40/11:10⇒足尾神社11:15⇒きのこ山12:00/12:10⇒上曽峠12:40/12:50⇒湯袋峠(筑波山取りつき)13:35/13:45⇒裏筑波野営場14:40/14:50⇒女体山15:50/16:05⇒筑波山ロープウェイ16:10/16:20発→バス16:30発→TXつくば駅発17:41→流山おおたかの森駅18:10/18:57(反省会)→柏→我孫子19:12着
参加者 男性3名  女性8名  計11名
 ルート状況 ・登山口から約1時間で加波山神社新宮の鳥居に到着。そこから先は次々と社や祠が現れる禅提道になっている。
・筑波連山第2の高峰、加波山から足尾山までの登山道は舗装された北筑波稜線林道に何度も寸断されている。時折、車も通るので注意が必要。
・足尾神社下から裏筑波取りつきまで約2時間の林道歩きを強いられる。
・寸断された林道から登山道に入る標識はあまりない。下調べが必要。
・林道からきのこ山への標識は【休憩所】になっている。
・このルート上のトイレは足尾神社の簡易トイレ1カ所のみ。

笹子雁ヶ腹摺山


    ◆富士山を望む                       ◆積雪の中を下山・・
月 日  2019.4.13(土)日帰り
目 的   富士山展望と歴史にふれる
行 程 我孫子5:33→新松戸5:46/5:55→西国分寺6:47/6:55→高尾
7:21/7:26→笹子8:28笹子駅8:45⇒登山口(新中橋)9:25⇒笹子雁ヶ腹摺山11:25/11:45⇒米沢山13:12/13:23⇒お坊山14:17/14:24⇒大鹿峠15:06⇒景徳院16:18/16:37⇒甲斐大和駅17:05/17:57
高尾19:06→立川19:26→西国分寺19:36→新松戸20:39→我孫子20:52          
   <行動時間 8時間20分  歩行時間 7時間25分>
参加者 男性2名  女性5名  計7名
 ルート状況 登山口から笹子雁ヶ腹摺山まではひたすら登りで、頂上近くから振り返ると秀麗富士が大きく間近に見られる。頂上からは南アルプスや八ヶ岳の展望がよい。笹雁から米沢山まではアップダウンの連続で、やせ尾根やクサリ場では緊張を強いられる。お坊山からの展望もよい。大鹿峠には樹林の中、落葉を踏みしめて歩く。景徳院への下りはよく整備されている。

御岩山~高鈴山


    ◆高鈴山山頂にて                  ◆頂から市街地・太平洋を見渡す・・
月 日  2019.4.12(金)日帰り
目 的   常陸最古の霊山を歩き、花を楽しむ
行 程 我孫子5:42→水戸6:58/(乗換)7:03→日立7:33/7:40→ タクシー→ 御岩神社8:00/ 8:15出発⇒奥の院8:55/9:05⇒御岩山山頂9:50/10:00⇒高鈴山山頂10:40/ 11:05⇒百体観音12:05/12:10⇒おむすび池12:45/12:50⇒おむすび山13:05/13:18→助川城址公園(通過)14:00→駅前通り桜祭りを見ながら日立駅14:43/15:47→水戸16:17/(乗換)16:31→ 我孫子17:58
参加者 男性3名  女性5名  計8名
 ルート状況 岩山頂上へ到る道が途中崩落し通行禁止になっていたため頂上付近のイワウチワ群生は見られなかった。とはいえ神社駐車場の水芭蕉、また途中ショウジョウバカマ、イワウチワ、スミレ、アセビなどの花が見られ、さすが花の百名山(田中澄江命名)だった。また色とりどりの山桜が見られ、日立の駅前は満開の桜並木を堪能


神成山


    ◆参加者全員の集合写真宇芸神社にて          ◆満開のやま躑躅咲く吾妻山への道にて
月 日  2019.4.11(木)日帰り  『第21回 県連ウィークデー山行』 
目 的   花咲く 日本一美しいハイキングコースを歩く
行 程 我孫子駅北口7:30→宮崎公園10:25/10:45⇒本丸跡11:10⇒神成山(竜王ピーク)11:25/11:35⇒宇芸神社跡12:00⇒打越の御嶽さん⇒吾妻山12:27/12:40⇒新堀神社(昼食)12:44/13:10⇒大サボテンの家(トイレ休憩)⇒宇芸神社13:40/14:00(トイレ休憩・記念写真)⇒宮崎公園14:20/14:35→我孫子駅北口17:00 
参加者 男性1名 女性5名 計6名 (全体参加者 9団体 66名)
 ルート状況 ・ハイキングコースとして良く整備されている。
・分岐等誤り易い箇所には
すべて標識が設置されている。
・この時期は桜、やま躑躅、ニホンオキナグサ等の花々が沢山咲いている。
・前日は雪であったがコースは(土壌の性質の為か)ぬかるみもなく良好だった

宝筺山(新人歓迎山行)


    ◆宝筺山山頂で集合写真                  ◆里を歩いて・・・
月 日  2019.4.7(日)日帰り
目 的   新人歓迎山行及び会員親睦
行 程 我孫子駅北口ふれあい広場前(600)→柏IC(620)→土浦北IC645)→宝篋山小田休憩所(710/716)⇒極楽寺コース(白滝(750)⇒ニコニコ岩(8:00)⇒常願寺コース交流点(8:35)⇒宝篋山頂(8:45/9:20)⇒常願寺コース(合体木(9:40)⇒尖浅間山頂(9:47)⇒ザル池(1035)⇒宝篋山小田休憩所(1040/11:20)→筑波山神社入口⇒筑波ふれあいの里(昼食・懇親会)⇒筑波山神社入口(1630)→土浦北IC(1710)→谷和原IC→我孫子駅北口ふれあい広場前(19:00) 〈歩行時間3時間 〉
参加者 男性21名  女性22名  計43名
 ルート状況 ・登山コースは、全部で6コースあり、登山道は良く整備されている。
・極楽寺コースは、小さな滝がところどころあり、心が癒やれる。
・標高461mの山であるが関東平野を一望できる。

百蔵山~扇山


     ◆素晴らしい展望・・・                ◆百蔵山山頂にて
       
月 日  2019.3.24(日)日帰り
目 的  ①富士山展望 ②里山の景色
行 程 我孫子駅5:33→猿橋駅8:11(タクシー)→浄水場(登山口、地図読み講習)8:26/8:40⇒地図読み講習9:19/9:29⇒百蔵山(地図読み講習)10:20/10:28⇒コタラ山⇒宮谷分岐11:03⇒カンバノ頭11:33/11:37⇒大久保山(昼食) 12;23/12:50⇒大久保ノコル12:55⇒扇山13:03/13:20⇒大久保ノコル13:27 ⇒梨の木平14:25/14:35⇒鳥沢駅15:25/15:33→高尾駅(反省会・花見 龍縁) 16:10/17:59→我孫子19:49
(歩行時間:
5時間20分 休憩等時間:1時間30分)
参加者 男性3名  女性3名  計6名
 ルート状況 浄水場登山口~百蔵山へのルートは、地形図に表記はないが、りっぱな登山道である。通常下山使用の急勾配、訓練を兼ねあえて選択。百蔵山から扇山縦走路で途中の大久保山(1109m)は高低差300m以上あり直登ルートでかなり厳しい。百蔵山、扇山とも山頂部分は広く富士を初め多くの山々が眺められる。梨ノ木平経由で鳥沢まで徒歩で下山、少し時間を要するが問題はない。

愛宕山~比叡山


           
月 日  2019.3.9(土)~11日(月)詰所泊
目 的   京都探訪
行 程

1日目:我孫子駅発531→日暮里駅経由→東京駅発(ひかり501号6:26)→京都駅着(9:16)→嵯峨野駅着9:55タクシー→清滝10:12/10:2210/40 10:57休憩11:025号目(11:38/11:50) ⇒水尾分かれ(12:10/12:20)⇒愛宕神社(13:10/13:20) ⇒拝殿(13:25)下山開始⇒月輪寺」(14:34) ⇒駐車場( 15:33) ⇒清滝(1600) ⇒嵯峨野駅→宿    <歩行時間6時間38分> 

比叡山口⇒比叡山→宿
2日目:宿発600 ⇒京都駅→湖西線坂本→比叡山(タクシー)→石山寺→京都駅駅⇒宿
3日目:宿発655⇒京都駅→下鴨神社⇒京大⇒吉田山⇒真如道⇒黒谷⇒御所→京都駅駅→我孫子駅1930   <歩行時間5時間>

参加者 男性1名  女性3名  計4名
 ルート状況 ・天候のため1日目と2日目を入れ替えた。愛宕山参道はよく整備されている。月輪寺道は下山につかったが、かつては、こちらが参道であった。柚子の里での入浴、鶏鍋は時間の都合で今回は見送った。愛宕神社付近は雪が残っていた。
・ルートは標識がはっきりしていてわかりやすい。
・比叡山は10時までは天気が良かったが、10時以降は雨。タクシーで湖西線坂本駅から石山寺までチャーターしたので雨は気にならなかった。横川、西等、東塔全て回れたのが良かった。比良山系に雪が残っていた。

伊豆ヶ岳~子ノ権現


   ◆杉林と縦走路を黙々と・・・        ◆梅林の中か何故か白い手が!
月 日  2019.3.17(日)日帰り
目 的   早春の奥武蔵ロングコースを歩く
行 程 我孫子駅5:31→柏駅5:35(常磐線)→日暮里→6:22池袋7:05(西武池袋快速急行長瀞行)→8:30正丸駅8:45 ⇒分岐(9:10/9:15)⇒稜線(五輪山へ)10:25⇒伊豆が岳(10:35/10:55)⇒古御岳(11:18/昼食・休憩/11:50)⇒高畑山(12:28)⇒中ノ沢の頭(12:55)⇒天目指峠(13:20/13:25)⇒子ノ権現(14:38/14:58)⇒西吾野駅(16:23/16:52)→(快速急行)→18:12池袋→柏(19:01/反省会/20:10解散) 
<歩行時間6時間20分>
参加者 男性7名  女性10名  計17名
 ルート状況 ・奥武蔵の人気コースなので登山道は分かりやすく迷うことはなかった
・伊豆が岳の山頂はあまり広くないので山頂直下又は先のピーク古御岳が静かで広く 休憩には良い
・縦走路の高畑山から中ノ沢の頭の辺りが植林やアンテナ工事で工事車の道が登山道の横にあった
・正丸駅から子ノ権現までロングコースでトイレがない為、多くの登山者が途中でお花摘みに行くので天目指峠の林道沿いにトイレがあると助かる

奥日光(スノーシュー)


    ◆いざコースへ(三岳を前に)          ◆蓼ノ湖へ 木立の影
月 日  2019.3.9~3.10(土日)山荘泊
目 的   スノートレッキング 冬の自然を楽しむ
行 程 <一日目>
我孫子5:31→北千住5:53/6:15→南栗橋7:01/7:02→東武日光→バス→日光湯元ビジターセンター⇒金精の森、石楠花平コース、蓼ノ湖 ⇒山荘   <歩行時間3時間00分>
<二日目>(歴史散策に変更)
山荘→バス→日光駅⇒瀧尾神社⇒日光市内散策⇒東武日光→北千住→我 孫子
<歩行時間3時間00分>
参加者 男性2名  女性4名  計6名
 ルート状況 ・3本のコースは位置番号表示や布リボン目印がつけられている。
・積雪量が少なく、一部ひなたは部分は地肌が出ていた。

高松山

月 日  2019.2.24(日)日帰り
目 的   陽だまり山行 御殿場線に乗る冬の低山を歩く
行 程 我孫子6:12→上野→国府津8:17/8:31→→山北8:56→尺里峠9:30⇒高松山山頂10:25/11:30 ⇒ビリ堂11:55/12:00⇒高架下12:20/12:25⇒山北駅13:55(入浴)/15:47→国府津→上野→我 孫子18:20 <歩行時間3時間20分>
参加者 男性5名  女性7名  計12名
 ルート状況  ルートは標識がはっきりしていてわかりやすい。 下りは急坂が多かった。

黒檜山

月 日  2019.2.24(日)日帰り
目 的  雪山を楽しむ
行 程 我孫子 5:41→柏 5:35→上野 6:14/6:26→前橋 8:33/8:40→タクシ→あかぎ広場前 9:30/9:37⇒
黒檜山登山口 9:55/10:05⇒分岐 11:20⇒黒檜山頂上 11/23 見晴らし 広場散策 11:35⇒
御黒檜天神前 11:40(昼)/12:05⇒駒ケ岳 12:40/12:45⇒駒ケ岳登 山口⇒あかぎ広場前→
バス→前橋 14:49/16:13→上野 18:33/19:39→柏→我孫子20:20 <歩行時間 3 時間 >
参加者 女性3名  計3名
 ルート状況 冬期の赤城山は、前橋から土日バスが運行されている。乗客が多いと増便もある。(片道1500円)
登山道は良く踏まれていて不安なし。積雪は深い所で30㎝、駒ケ岳からの下山道、鉄ハシゴ付近の一部で雪が消えるが、登山口付近にはかなりの残雪があるので最後までアイゼンを装着したほうが良い。

長瀞アルプス

活動報告写真 活動報告写真
月 日  2019.2.16(日)日帰り
目 的  ①梅の観賞
②ロウバイを愛でる
行 程 我孫子駅 6:18→柏→春日部→羽生→野上駅 9:11/野上 9:23⇒萬福寺 9:35/40⇒野上峠 10:26/31⇒宝登山 11:25/12:05⇒宝登山神社 13:00/13:10⇒長瀞駅→羽生→春日部→柏→ 我孫子 18:20 <歩行時間 3 時間 30 分>
参加者 男性5名  女性3名  計8名
 ルート状況 野上駅から萬福寺を通り長瀞アルプスと呼ばれるコース。一か所に残雪や凍っているところが例年ですと見られるのですが、今年は全くなく安心して歩くことが出来ました。

幕山

活動報告写真 活動報告写真
月 日  2019.2.13(水)日帰り
目 的   早春の梅林を歩き、相模湾の展望を楽しむ。
行 程 我孫子駅 6:12→上野 6:45/ 6:54(熱海行)→湯河原 8:53/ 箱根登山バス 9:00→幕山公 園 9:18/ 9:30⇒あずま屋 10:10⇒幕山山頂 10:55/11:10⇒自鑑水 11:30⇒南郷山山頂 11:55/ 12:30⇒
五郎神社(鍜治屋)13:45/箱根登山バス14:01 →湯河原駅 14:10/ 奥湯河原温泉立ち寄り/真鶴駅前で反省会/真鶴発 15:15(上野東京ライン)→我孫子着 19:12 歩行時間約4時間半
参加者  女性8名  計8名
 ルート状況 ・連休中の降雪の影響を心配したが、残雪はなく道も整備されていて歩きやすかった。
・南郷山山頂への道は錯綜する林道に伐採した倒木が多く、道を見つけにくく、スマ ホの YAMAPU を携帯してくれている人がいて役立った。赤いテープは道しるべと伐採 予定の木にもつけられていて判別しにくかった。

房総ロングハイク

活動報告写真 活動報告写真
月 日  2019.1.26(土)~1.27(日)一泊二日旅館泊
目 的  ①千葉労山参加山岳会メンバーとの交流
②房総の山々の景観を楽しむ
行 程 1日目
我孫子駅北口 7:00→鎌ヶ谷市役所 7:48→幕張SA8:45/8:57→スーパーガッツ馬立店(買物) 9:40/10:00→高瀧湖 10:23/10:39(高瀧神社)→真高寺山門(波の伊八彫刻)10:51/11:20→
永昌寺(手彫りトンネル)11:27/11:37→チバニアン 11:40/12:23→水月寺前(昼)12:42/13:20→
幻の滝(小沢又の滝)駐車場 13:20⇒養老渓谷遊歩道(遊歩道)栗又の滝 14:05⇒駐車場 14:35
→七里川温泉 15:00 <歩行時間 チバニアン:43 分、養老渓谷:1 時間 10 分>
2日目
七里川温泉 7:56→清澄寺駐車場・清澄寺(参拝)9:00/9:28⇒一杯水林道⇒分岐⇒W0入口
(ツ クバネ樫目印)10:10/10:18⇒東大演習林⇒W9 付近(休)11:12/11:20 大平歩道入口⇒
W15 烏帽 子山山頂 12:02⇒烏帽子岳直下(昼)12:10/12:32⇒W33 硯石分岐手前(休)
13:28/13:36⇒向 峰林道⇒W45 鶏毛山 14:25⇒W48 付近(休)14:43/14:48⇒民地⇒
本沢駐車場)15:18/15:27→ 鎌ヶ谷市市役所着 18:37→我孫子北口着 19:15
<歩行時間 5 時間 50 分(休憩時間含む)>
参加者 男性4名  女性5名  計9名
 ルート状況 1 日目:観光地をバスでの周遊。チバニアンは養老渓谷の川沿いの崖にあり少しぬかるみを
歩くのみで問題無し。
2日目:
・演習林コースには方向を明示した標識は無く、番号(Wnn)を記した小さな杭が定間隔で道沿に
打たれているだけである。この杭をたどって歩けば目的地につくが、杭の打たれている
場所が分りづらい。目印となる目標物も少なく演習林内の歩行に慣れていないと道迷となる可能性は大。
・道は一般的なハイキングコースと異なり整備は不十分である。倒木、崖崩れ等が放置されている
箇所や、樹木の根が多数露出している歩きづらい道が数ヶ所ある。

丸山

活動報告写真
月 日  2019.1.12(日)日帰り
目 的  陽だまり山行と展望
行 程 我孫子駅 5:45→外環・関越・圏央道(狭山日高 IC)→道の駅果樹公園あしがくぼ 8:20/30→
フルーツガーデン(バス下車)8:40/50⇒丸山山頂 10:45/11:20⇒
(参加者怪我 11:25/病院へ12:15)⇒林道 12:25/45⇒山の花道駐車場 13:45/52(バス乗車)→武甲温泉 14:10/14:52→秩父市立病院 15:15/20→寄居皆野有料道・関越花園IC・→外環・みよしSA→我孫子駅 18:15 <歩行時間約 3 時間 05 分>
参加者 男性9名  女性13名 計22名
 ルート状況 ・道の分岐には道標があり、迷うことはない。
・登山道は山頂に近づくにつれ、落ち葉の下が凍結しているところがあった。凍結は落ち葉 に埋もれて分かりにくい。
・丸山は県民の森の中にあり、山頂直下まで林道が走っている