岳人あびこ ご入会案内山 行 計 画 山 行 報 告 研     修 高 山 植 物 市 民 山 行工 事 中

 岳人あびこのホームページへようこそ、入会手続きのご案内です


△11月 草もみじの大菩薩嶺・雁ヶ腹摺山、新雪の富士を背に登る
 このページは、入会手続きのご案内です。

  2018. 3.15 更新



 下記平成30年度定期「新年度会員」募集は終了しましたが、「一般会員」は常時募集していますのでお問い合わせ下さるようご案内致します。
 応募手続きは下記の通りです。

  ↓ 平成30年度 新入会員募集のお知らせ 

 
 応募資格に年齢制限はありませんが健康で7~8km以上歩くことが出来、自然に親しみ、意欲的な皆さんです。

 gakujin-abiko@jcom.home.ne.jp  

 1.お名前〔ふりがな〕
 2.性別
 3.ご連絡先〔携帯電話又は固定電話、メールアドレス〕
 4.お住まいの市町村名、最寄り駅
 5.最近3年間ほどの主な登山歴
 6.ご入会動機〔ポスターを見た、広報を見た、知人の紹介等〕
 7.当会に入会された場合、どのような山を目標としますか〔具体例を記入して下さい〕?
 8.その他〔WORD、EXCELの使用歴〕

  *担当者が山行中等で連絡が遅れる場合もありますが、基本的には翌、或いは翌々日には連絡を差し上げるようにしています。
    皆さんからのご連絡をお待ちしています。

 
 入会手続きに必要なもの

 1.ご入会金 3,000円
 2.労山新特別基金〔遭難対策保険〕 2,000円~10,000円〔労山:千葉県勤労者山岳連盟の略〕
   1口1,000円2口以上10口以内 
 3.年会費9,000円
  

 
 

 岳人あびこは、山歩きの大好きな我孫子、柏在住の皆さんの山の会です。
 春は新緑、落ち葉を掻き分けるように咲き始める山野草を、夏は雲上の
峰々に色とりどりに咲き誇る高山植物を、秋は北から南へ、山頂から麓へ
ゆっくり降りて行く 紅葉を、冬は柔らかな新雪と霧氷、木漏れ日等を求めて
多様な山を楽しんでいます。
  関東一円はもとより、日本の名だたる名山が鎮座する甲信越、東北の
山々が主な活動の場ですが、北海道にも九州にも、そして海外の山々にも
足を伸ばしています。 安全第一に愉しい登山を目指し、実践的な研修を
定期的に行っています。

 私達とご一緒に山歩きを愉しみませんか。

           岳人あびこ代表 高橋 芳恵


 
△6月 奥秩父・甲武信ヶ岳から落葉松林を下山

  * 岳人あびこのプロフィール

  岳人あびこは、上越国境の谷川岳、尾瀬至仏山、上州武尊山、日光白根山などの名山を源流とする日本有数の大河・利根川と、野鳥や水鳥で有名な手賀沼に挟まれた我孫子市、柏市在住の皆さんが平成8年〔1996〕設立した山の会です。会の立ち上げを我孫子市の面々が行ったので自然に“岳人あびこ”になってしまい、今日に至っています。
 平成28年〔2016〕は創立20周年を迎えました!
 当会のモットーは、安全第一に山を愉しむことです。
 「岳人あびこ」の名前からお判りのように、かつては岩山に氷壁に情熱を燃やしていたこともありましたが、今では私達の辞書?からは「挑戦」の二文字は消え去り、女性会員の皆さんが過半数を占めて、山行に会の運営に大活躍しています!
 ベテランの皆さんから登山技術、知識、山、自然への感謝の気持ちを引き継ぎ、「安全第一に四季の山を登る」、高山植物、山野草の大好きな山の会として日々成長しています・・・と思っています。
 新しい仲間の皆さんと共に自然に親しみ、その輪を拡げてゆきたいと願っています。 
 
  冬山も含めて年間50数本、一ヶ月に3~5本の山行を計画しています。
 安全第一の観点から、冬山、沢登り、岩登りの単独山行は禁止しています。


△2月 三国山稜ブナの森を行く                 

 
△2月 三国山稜・明神山、富士に祈る           

△4月 南ア前衛・日向山                       △6月 九州・くじゅう連山大船山                   △6月 南ア千頭星山落葉松の自然林を行く        △越後・紅葉の五頭山 

  * 新年度会員、一般会員 

  岳人あびこは、3月が新年度、2月を年度末としています。2月に柏市、我孫子市の広報に会員募集のお知らせを公示、2月末に入会説明会を
実施、新年度の3月に面接、ご入会手続きを経てご入会された皆さんが「新年度会員」になります。4月の新人歓迎山行に始まり、年間約50本、
月に3~5本の山行がありますので計画書に記載されたグレードを確認し、新人担当の皆さんに相談しながらそれぞれに相応しい山行に申し込
んでいただきます。
 計画書には山行資格、用意する装備なども記載されていますので遠慮なく新人担当の皆さん始め会員の皆さんにご相談ください。
  ホームページをご覧になったり、知人、友人の紹介があれば面接、手続きを経て随時入会可能です。研修制度が新年度からスタートします
ので新年度会員の皆さんは年間カリキュラムに沿って研修を受けることが出来ますが、随時入会の皆さん〔一般会員〕は年間カリキュラムの途中
から参加することになりますことを予めご承知おき下さい。
  研修は、実際の山行に参加して体験しながら、先輩の皆さんから用具の実際的な使い方、山の危険性から身の守り方、技術、知識等を学び
取ることが重要ですが、机上研修も理論的な補講として欠かすことは出来ません。机上研修は、毎月一回の定例集会終了後に年間計画に沿って
行っています。
  

△5月 御坂山塊・本社ヶ丸                  △8月 南ア・赤石岳                      △11月 大菩薩山嶺・雁ヶ腹摺山


△3月石割山      山中湖            宝永山                吉田大沢      東富士演習場                    南ア聖岳   赤石岳  荒川三山  


△7月ハヤチネウスユキソウ                                                                    △早池峰山五合目這松帯を登る


△12月 新雪の丹沢・塔ノ岳                        △5月 新緑の奥多摩・戸倉三山縦走                    △9月 四阿山